市原市の矯正歯科クリニックから読み解く、小児矯正治療についての洞察

小児矯正の目的と時期

小児矯正は、子供の成長段階に応じて異なる目的を持ち、主に7歳から11歳の間に行われる1期治療と、永久歯が生え揃った後の2期治療に分けられます。1期治療はあごの骨のバランスを整え、永久歯の萌出を支える土台を作ることが目的です。

MFT(筋機能療法)の役割

MFTは、お口の周りの筋肉を強化し、バランスを改善するプログラムです。この訓練により、正しい舌の動きや口周りの筋肉の動きを習慣化し、治療後の後戻りを防ぎます。小児矯正では、このMFTを用いて、子供の顎の成長を正しい方向に導きます。

参考サイト:http://www.takamiya-kyousei.com/

小児矯正の利点

早期に開始される小児矯正は、永久歯の抜歯リスクを減らし、顎の左右のバランスを整えることができます。また、外科矯正の必要性を減らし、最終的な仕上がりの質を向上させることが可能です。さらに、治療期間の短縮や子供のコンプレックスの解消にも寄与します。